永久脱毛を新宿でするならこの美容クリニックが好評です!

永久脱毛施術でブツブツができた

永久脱毛で肌にブツブツができたなら

ワキの下の永久脱毛をした後に、毛穴が鳥肌のようにブツブツになったことがある方は意外と多いのではないでしょうか?

特に肌が白く、毛が太い方はこの傾向が強いかもしれません。

永久脱毛は毛穴の毛乳頭や毛母細胞を破壊する行為なので、毛穴が炎症を起こして赤くなったり、内出血を起こして黒ずんだりすることがあります。

この時、毛穴が鳥肌のようにブツブツになって見えます。

この状態のときは、毛穴が炎症を起こしている場合があるので、永久脱毛後あまり時間が経っていないのであれば、あまり強い刺激を与えないようなアフターケアをする必要があります。

基本的には、清潔な保冷剤等でワキの下を冷やします。冷やすことで炎症を抑えられます。

ワキの下をレーザー脱毛した場合には、退行期、休止期の毛には永久脱毛の効果がないので、これらの状態だった毛が再度生えてくるのですが、以前の自己処理により成長しきれない毛になってしまうことがあります。

この場合、毛穴の中にニキビの様に詰まってしまいます。

これが永久脱毛後にできるブツブツの原因の場合があります。

この時は、ワキの下を清潔に保ち肌を治してあげるのが効果的です。

制汗スプレー等は、ワキの下の皮膚に負担がかかります。だからといって、汗をかきっぱなしもよくないので、毎日、傷薬やアルコールで消毒するとよいでしょう。

ブツブツになっているところには、化粧水を入れてあげるのもよいと思います。

肌を良い状態に保つためには、水分が必要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

永久脱毛は医療レーザー脱毛で

  • CLAIR CLINIC 永久脱毛
  • わき5回1000円+無制限3400円
  • KM新宿クリニック 永久脱毛

当サイトの情報

Valid HTML 4.01 Strict

正当なCSSです!

ドクター松井クリニック