永久脱毛を新宿でするならこの美容クリニックが好評です!

永久脱毛とホルモンバランスの関係

永久脱毛で肌にブツブツができたなら

女性ホルモンは2種類あります。

プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンとエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンで、どちらも卵巣から分泌されます。

不規則な生活、睡眠不足、ストレス、過剰なダイエット等によりこの二つのホルモンバランスが崩れてしまうことがあります。

これは、生理不順や無月経になったり、肌へ悪い影響を与えたりして、老化が進んでしまうのです。

永久脱毛のためだけではなく、アンチエイジングや美肌のためにもこの二つの女性ホルモンバランスを崩さないよう気をつけることは非常に重要です。

プロゲステロンは、生理前に分泌されます。

この時皮脂の分泌がふえニキビができやすくなったり、体がだるくなったり肌が荒れたりと不調が出やすくなります。

つまり生理前は、肌も非常に敏感になっているので、ムダ毛の自己処理やレーザー脱毛の施術も避けた方がよいでしょう。

そうすることで肌への過剰なダメージを避けることができます。

エストロゲンは生理後に分泌され、分泌されると心身ともに気持ちよく生き生きしてきます。

更に女性らしい体を形成する働きがあります。

この分泌量が多ければ、実は体毛も薄くなるのです。

この二つのホルモンバランスを上手に保ち、効果的に永久脱毛を完了させましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

永久脱毛は医療レーザー脱毛で

  • CLAIR CLINIC 永久脱毛
  • わき5回1000円+無制限3400円
  • KM新宿クリニック 永久脱毛

当サイトの情報

Valid HTML 4.01 Strict

正当なCSSです!

ドクター松井クリニック