永久脱毛を新宿でするならこの美容クリニックが好評です!

永久脱毛できるメカニズム

永久脱毛 レーザー脱毛 違い

永久脱毛には、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛、ニードル脱毛の三種類があります。

それぞれの永久脱毛のメカニズムについてお話しましょう。

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は基本的には同じメカニズムで永久脱毛をおこないます。

近年、美容外科、クリニックや、エステサロン、脱毛サロンでは主流の永久脱毛法です。

どんなメカニズムで永久脱毛をするのでしょうか?

レーザーに脱毛しろ、フラッシュ脱毛にしろ、どちらも強い光を使った永久脱毛方法です。

永久脱毛とは、毛の再生機関を破壊して、二度と毛が生えないようにすることです。

再生機関とは、毛根にある毛乳頭と呼ばれる所のことです。これを光の力を使って破壊します。

光は「黒いものに吸収されやすく熱くなりやすい」という性質があります。

この性質を利用して永久脱毛を行いうのです。

黒いものである毛のメラニン色素に光を当てて熱変性を促すというわけです。

このメカニズムについてもう少し詳しく説明しましょう。

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛のレーザーや光を皮膚に照射すると、皮膚はさほどメラニン色素がないので皮膚を通り抜けて黒いメラニン色素の塊である毛にあたります。

すると、黒い毛は光を吸収して高温になっていきます。

この高温になった毛によって周りの細胞が熱変性をおこします。

毛根にある毛乳頭も「熱変性」をおこして毛が再生されなくなります。

簡単にいうと、生卵からはひよこが生まれても、ゆで卵からはヒヨコは生まれないという事です。

これが永久脱毛のメカニズムです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

永久脱毛は医療レーザー脱毛で

  • CLAIR CLINIC 永久脱毛
  • わき5回1000円+無制限3400円
  • KM新宿クリニック 永久脱毛

当サイトの情報

Valid HTML 4.01 Strict

正当なCSSです!

ドクター松井クリニック