永久脱毛を新宿でするならこの美容クリニックが好評です!

永久脱毛するとお肌に害はあるのか

永久脱毛で肌にブツブツができたなら

永久脱毛にいくつかの方法があります。

医療レーザーを使って永久脱毛を行う、レーザー脱毛。

レーザーよりは出力の弱い光を使って永久脱毛を行う光脱毛か。

プラズマ脱毛、コスモライト脱毛、IPL脱毛など、機械によって呼び方は違うのですが、これらは全て光脱毛に分類されています。

最近では下火の電気脱毛は、永久脱毛の効果は一番高く、歴史も古いです。

毛穴に針を刺して弱い電気を流すのでニードル脱毛ともいわれます。

基本的に、永久脱毛は毛根を破壊して毛が再生しないようにする施術です。

施術と言う通り手術と思っても間違いありません。

医療レーザーを使った永久脱毛は、医療機関やクリニックでしかおこなえません。

これだけのことをするのですから、何かしら肌への害があると考えるべきです。

永久脱毛後に、肌の赤みや炎症の悪化を感じる方もいるようです。

永久脱毛脱毛した所に血がにじんでいると言う意見も聞きますが、これは施術前の剃毛などの際にスタッフの手違いで肌が切れてしまったのではないかと考えられます。

こういった場合は、遠慮なく処置してもらいましょう。

害があるということを覚悟しておいた方が良いのは事実なのですが、実際のところ重篤な肌への害は報告されていないというのが現状です。

永久脱毛の歴史がまだ新しいこともありますが、しっかりしたクリニックなりエステサロンを選んでいる限り、ほぼ肌への害は今のところは無いと思ってもかまわないです。

ただし、何度もいいますが永久脱毛とは毛根を破壊して毛が再生しないようにするという手術なのだという事は、しっかり理解して信用できるところで永久脱毛をするようにしてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

永久脱毛は医療レーザー脱毛で

  • CLAIR CLINIC 永久脱毛
  • わき5回1000円+無制限3400円
  • KM新宿クリニック 永久脱毛

当サイトの情報

Valid HTML 4.01 Strict

正当なCSSです!

ドクター松井クリニック